FC2ブログ

山ボーイ&山ガール 世界一周 ~ Whole Earth Diary ~

アウトドアを愛する夫婦2人で夢の世界一周へ。テントと寝袋を持って世界の有名トレイルを歩きます。



スポンサーサイト --/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
「街が血に染まる日」 この衝撃に耐えられますか? 2013/05/01(Wed)


*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

Facebookではブログの更新情報の他、現地の小ネタを随時アップしています!
是非「いいね」をお願いします( ゚∀゚)

→「山ボーイ&山ガール 世界一周ブログ」 Facebookページへ

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*


※今回の記事には、かなり衝撃的な写真が含まれます。
閲覧にはご注意ください。








その少年は、十字架の下にたどり着くと、力尽きたように膝を落とした。



P1010375.jpg





そして十字架を見上げ、祈る・・・・・



P1010376.jpg




少年は、何を祈ったのだろう。


今までの苦しかった道のり?
明るい未来?
それとも・・・?





これは、「ホーリーウィーク」と呼ばれるフィリピンの祝日に行われる「宗教儀式」だ。


その名も「Good Friday=聖金曜日」

イエス・キリストの「最期の受難」を分かち合い表現するもので、復活祭(イースター)前の金曜日に行われる。


キリスト1




人口の約90%が、キリスト教徒と言われているフィリピン。


毎年決められた日曜日のイースター当日を含め、木曜日からの4日間が「ホーリーウィーク」と呼ばれる大型連休になっており、多くのフィリピン人が帰省や旅行で大移動する。
特に木曜日と金曜日は、巨大ショッピングモールを含め多くの店が閉まるのだ。



そして今では、この儀式が残っているのは、今回やってきたこの町「サンフェルナンド」があるパンパンガ地方のみだそうだ。

人びとの考え方も変わり、他の場所では段々と衰退していったのだろう。



会場には、世界中から集まったたくさんの報道陣と観光客の姿があった。


P1010344.jpg
*報道陣




P1010362.jpg
*炎天下の中、祭壇に目をむける人々




P1010346.jpg
*事前予約で入れる特設シート




P1010334.jpg
*親子連れもたくさん




P1010338.jpg
*血まみれの男を見つめる少年





許しを乞うため、よりよい生活を得るため、人びとは自ら自分の体にムチをふるう。
キリストの苦しみを分かち合うために。

それが強い信仰心の表現だと信じている。



出発地点の教会から、十字架のおかれた丘の祭壇をめざす。



P1010328.jpg




「パーンッ!、パーンッ!」


竹で作られたムチで叩く乾いた音が聞こえると、沿道の人々が一斉に避難をする。
返り血を浴びてしまうからだ。

小さな道の脇にとめてある車には、無数の血の斑点が飛び散っている。




P1010329.jpg


真っ赤に染まった背中。
これが本物の血だと、信じられるだろうか?




P1010361.jpg
*祭壇にたどり着いた男たち




P1010353.jpg
*力なく膝を落とす




P1010354.jpg
*天に祈る者たち




P1010357.jpg
*地面に横たわり、更に背中にムチを入れる




P1010377.jpg
*白のパンツがより一層赤い血を引き立たせる




中にはイエス・キリストを模して、大きな十字架を背負う者の姿も。



P1010367.jpg





P1010369.jpg






そしてここからが、この儀式のクライマックス。

選ばれた男3人が、実際に十字架にかけられるのだ。



それぞれの衣装に身を包んだ者たちが、続々と集まってくる。


P1010384.jpg





P1010383.jpg




P1010385.jpg



今や世界中から観光客が集まりイベントと化している、そんな印象だ。
ここだけを見ていると、今自分がフィリピンにいるということを忘れてしまう。



P1010391.jpg
*十字架にかけられる少年




メインをはるのは、白い衣装を着た左の男性。

何と、本物のクギで、実際に手を打ち付けられるのだ。


その瞬間、マイクで拾われた男性の何とも表現しがたい叫び声が、会場全体に響き渡った。


P1010400.jpg
*よく見るとクギが刺さっている




そして最期の瞬間が演じられると、男性は十字架からおろされた。


P1010403.jpg




そして突如近代的な医療班が現れ、担架で運ばれていった。。


P1010406.jpg






何故そこまで?


そんな疑問が、何度も頭の中を駆けめぐる。




痛くないはずがない。
だけれど、彼らの表情はどこか清々しい。


彼らのことを、笑うだろうか?


一見、目を覆いたくなるような光景だけれども、彼らの潔さには信念があり、はかなくどこか美しい。
我々が好奇心で踏み入ってはいけないという、罪悪感さえ覚える。


この晴れ渡った青空の下、彼らの赤い血は、より一層神聖さを増していた。



P1010363.jpg





P1010364.jpg






フィリピン人の先生たちに聞いてみると、一般的にこの儀式自体にはあまり賛同していないようだ。


日本人であれ、フィリピン人であれ、目を覆いたくなることには変わりない。


ある先生が言うには、
「どうしてそんなことをしなければいけないのか?」
「罪を感じたならば、心の中で祈ればいい。」



プアーサイドとリッチサイド、ふたつの階層が交錯するこの国。
今回参加している人の多くは、プアーサイドだという。




ほぼ無宗教の国日本に生まれ、ごくごく一般的な家庭で育った自分にとって、彼らの信仰をすべて理解するのは難しい。


けれど、このキリスト教大国フィリピンにきて、宗教に関して考えさせられることは非常に多い。

授業中にもたびたび話題になるし、「あなたは何を信仰しているの?」という質問は日常茶飯事で、日本ほどタブーな印象は受けない。



「信仰とは何か?」


改めて、深く考えさせられる1日であった。




P1010413.jpg
*学校近くのサリサリにて、同行メンバーと慰労会。



フィリピンの人は、本当に友好的で明るい。



P1010414.jpg
*「写真撮って〜」と言ってきた、近くで飲んでいた若者たち



想像していたよりもずっと勤勉だし、みんな当たり前のように「夢」を持っている。

そして何より、この国の人たちはたくましい。
だからきっといつか、この国はもっとよくなる。



そう思う。





衝撃写真が続いたので、最後に癒され写真を1枚。


P1010423.jpg
*学生寮から見える屋根の上でくつろぐニャンコ




*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
にほんブログ村 ランキングに参加しています。

よろしければ、応援お願いいたします。
コメントもお気軽にいただけると、すごく嬉しいです!!

ここををクリックするとポイントが入ります↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯電話の方はこちらをクリック → にほんブログ村 世界一周

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

スポンサーサイト

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. ②Philippines
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
フィリピン留学の休日 *ピナツボ火山トレッキング* 〜後編〜 2013/04/23(Tue)


*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

Facebookではブログの更新情報の他、現地の小ネタを随時アップしています!
是非「いいね」をお願いします( ゚∀゚)

→「山ボーイ&山ガール 世界一周ブログ」 Facebookページへ

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*



前回は、フィリピンの原住民「アイタ族」のお話で終わりました。
→前回の記事はこちら


今回はピナツボ山トレッキング後編、4WDをおりて歩き始めるところからです!




ガタガタ道をワイルドな4WDで揺られること約1時間、車で行けるのはここまで。

続々と年代物の四輪駆動車が集結してきます。
ヴィンテージものの「TOYOTAランドグルーザー」も、ここでは現役。
さすが「ランクル」!!

フィリピン以外の外国人観光客もたくさんいました。


ピナツボ19




ざっと30台くらい。


ピナツボ21




かなり無茶な走りをしてきたので、みんなこんな風にボンネットを開けてエンジンを冷やしています。


ピナツボ20



※この場所にトイレはありますが、洋式だけと流せないという、、、
できるなら、4WDに乗る前に済ませておくと良いと思います。




ここがトレッキングのスタート地点。


ピナツボ22




ガイドさんと一緒に登っていきます。
段差のあるところや滑りやすい場所では、女性(だけ)には手を貸してくれます。


ピナツボ23




沢沿いを歩くので、木陰は涼しくて心地よく、
木漏れ日が水面に反射して、キラキラきれいです。

癒される〜


ピナツボ24



おすすめはスニーカーよりもスポーツサンダル。
(小さな川をたくさん渡るので、濡れても大丈夫な滑りにくいソールのもの。)


ガイドさんたちは、普通のペラペラのビーチサンダルでひょいひょいと歩いていきます。


これはお気に入りのブランドchaco(チャコ)です。


冷たい水が気持ちいい〜
わざと川に入りながら歩きました。


ピナツボ25




そして、歩くこと30分・・・・・


ピナツボ32


「あれ?!着いたの??」



・・・はい。
ほとんど歩きません。


「もっとたくさん歩きたいよー。」
というグループは、途中で車からおろしてもらって長いトレッキングを楽しむこともできるようです。

何組か歩いている集団を見ましたが、砂地で岩がゴロゴロしていて強い日光にさらされる上に、すぐ近くを四駆の車たちがものすごい勢いで駆け抜けていくので、ただ辛いだけにしか見えませんでした。


カルデラ湖にたどり着いたときの感動は、きっともっと大きかったんだろうと思いますけどね。
私たちはあまりにもあっけなく・・・




とりあえず、みんなで記念撮影。


ピナツボ27




そして肝心の景色は・・・・・




はい、この通り絶景!!

まるで絵画のようです。


ピナツボ26



あまりに短いトレイルに気が抜けるも束の間、
俄然テンションが上がります!!



見事な晴れっぷり!
真っ青な空と、白い雲。



ピナツボ31




そして、エメラルドグリーンに輝く湖面。


ピナツボ30




実際に見た色は、これが一番近いです。↓↓


ピナツボ28




ちなみに、泳ぐことはできません。
昔は泳げたみたいですが、今は政府によって禁止されています。

有害物質が含まれていたり、場所によってかなりの高温になっているからだと聞きました。


ピナツボ29




ここに2時間程滞在したあと、また30分ほど川沿いを歩いて、来た道を戻ります。


そして再び爆走


ピナツボ32




爆走途中、水牛の落とし物「う○ち」を車が踏んで、
見事に同乗していたみんなにふり注ぎました。。


半乾きだったことだけが幸いで。。




帰りもアイタ族のお店に立寄って、朝手続きをした場所まで戻ると、
オープンな空間でお待ちかねのランチです。


ピナツボ34




ビュッフェ形式のフィリピン料理。

寮のごはんより、ずっと美味しい。


ピナツボ33




朝が早かったのと四駆の爆走のせいで、みんなぐったりです。

そして全身砂まみれ。肌をさわるとザラっとします。

今回は使用しませんでしたが、この場所でシャワーを浴びることもできます。
なので宿が遠い場合は、お風呂の道具を持ってくといいと思います。




こうして、語学学校の寮に戻ったのが16:00くらい。
シャワーを浴びるとすぐに爆睡でした。




さて、そんなピナツボ山、どれくらいオススメかというと、



「かなりオススメ」です!


一緒に行ったメンバーも、みんな大満足だったようです。


※6月頃からフィリピンは雨期に入ります。
川が増水し、観光もストップするそうなので要注意!



日本人にはまだまだ馴染みの薄い観光スポットなので、インターネットで探してもほとんど情報は出てきません。この日も、日本人は私たちのグループだけでした。


今回は学校のTeacherのお友達がツアー会社で働いているということで、値段交渉や申し込み、支払いなど、すべてお願いしました。

今回使用したツアーの情報です。


<現地ツアー情報>
・ツアー会社:Amega Travel&Tours ( http://www.amegatravelandtours.com/)
・料金:2,500フィリピンペソ/1人 (約6,000円)
 (内訳:送迎/保険/昼食/水1ボトル/ガイド/トレッキング入り口までの4WD)


・最寄り空港:クラーク国際空港
日本からの直行便はなく、マニラ乗り換え、または台北や香港経由など。
マニラからクラークは、渋滞がなければバスで約2時間。


<当日のスケジュール>
5:00 出発
6:30 村に到着&入山手続き
7:00 4WD乗車(途中で原住民のお店へ立ち寄る)
8:30 トレッキングスタート地点着
9:00 カルデラ湖着&散策
11:00 下山
11:30 4WD乗車
13:00 昼食
16:00 語学学校着

送迎はクラークエリアの指定場所(ホテル・学校)まで来てくれるので、とても便利です。


ツアーを使用せず直接バスなどで麓(ふもと)まで行き、その場で申し込むこともできます。
その場合の値段はすみません、調査できていません。

トライシクルやジプニーを乗り継ぎ「ダウバスセンター」まで行き、そこからピナツボ行きのバスが出ているので、それで行くのが一番安いと思われます。





今回は行けませんでしたが、フィリピン北部には他にも棚田で有名な「パナウェイ」や、スペイン統治時代の美しい景観が残る「ビガン」などの世界遺産があります。

シュノーケリングスポットもあるので、海と山、両方楽しみたい方は是非!!


*Philippine Rice Terraces
http://travel.nationalgeographic.com/travel/countries/philippines-photos/#/rice-terraces_12081_600x450.jpg


*Calle Crisologo, Vigan
http://travel.nationalgeographic.com/travel/countries/philippines-photos/#/calle-crisologo_12080_600x450.jpg

※National Geographicより


*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
にほんブログ村 ランキングに参加しています。

よろしければ、応援お願いいたします。
コメントもお気軽にいただけると、すごく嬉しいです!!

ここををクリックするとポイントが入ります↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯電話の方はこちらをクリック → にほんブログ村 世界一周

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. ②Philippines
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
フィリピン留学の休日 *ピナツボ火山トレッキング* 〜前編〜 2013/04/22(Mon)


「ピナツボ山」 標高:1,486m

*地図

大きな地図で見る


小さい頃に、何となく名前を聞いた覚えがあります。
「1991年6月」に20世紀最大級の大噴火をおこし、今も活動を続ける活火山です。

・Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%8A%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%9C%E5%B1%B1



私たちの語学学校CIPがあるここパンパンガ州アンヘレスも一面灰におおわれ、まだ午前中だというのに数メートル先が見えないほどの暗闇に包まれたといいます。

そしてゴルフボール大の石が空から降ってきて、ものすごい音だったと。


先生のひとりが、当時の様子を教えてくれました。


そしてそれは1,500人以上の犠牲者を出し、当時世界一大きかった米軍クラーク基地を、撤退にまで追いやるほどのものでした。



現在その噴火口には美しいカルデラ湖が形成され、カルデラ湖までの広大な砂地を含め、一大観光スポットの仲間入りを果たしています。




「山」と聞いて、自称「山ボーイ&山ガール」が行かないわけにはいきません。
というわけで、校内でメンバーを募って総勢6名で日帰りトレッキングツアーに出かけてきました。


メンバーの国籍は
・日本:3名
・ブラジル:1名
・韓国:1名
・ロシア:1名

うち、韓国とロシアの2人は、学校のオフィススタッフです。

国籍が多彩なのが、ここCIPのいいところ。
行く途中で、別組の「中国人」と「台湾人」のカップルを拾ったので、「フィリピン人」の運転手さんを含めると、ひとつの小さなワゴンの中に7つの国籍の人がいるという面白い状況でした。



眠い目をこすりながら、朝5時に出発です。


ピナツボ1
*きれいな朝焼け




ピナツボ2
*だんだん山に近づいていきます




多国籍なメンバーでたわいもない話をしながら、麓(ふもと)の出発地点に着きました。


ピナツボ3
*朝の6:30くらい




ピナツボ6
*サリサリ(フィリピン版コンビニ)があります




ピナツボ5
*ここでパンとコーヒーを購入




ピナツボ4
*住所や名前を記入して手続きが済むと、4WDに振り分けられます。




ピナツボ7
*今回乗った4WD。タイヤがツルツルでひときわ古い。



この車は5人乗りですが、わたしたちは到着したのが少し遅かったので、
3-1-1-1人とバラバラにされました。。



1台に1人ずつ、ガイドがつきます。


ピナツボ9
*腕のいい運転手さん。ガイドさんは車のボンネットに乗ります。ワイルド〜





このツアーの醍醐味は、4WDで砂地を爆走することです。



ピナツボ11
*途中途中で、小さな川(割と深さあり)もガンガン超えていきます。



イメージは「ダカール・ラリー」

特に帰り道は、我先にと他の車と争ったりするんです。
無駄にスピードを出すので、かなりスリリングです。


ピナツボ10



どこかで4WDに乗る砂漠ツアーに行ってみたかったけど、もういいかなと思えるくらい
「砂漠チック」でした。



「砂まみれ」になりますのでご注意を。
一眼レフカメラは、砂で壊れそうで出せません。
鼻と口を覆える、タオルやバンダナのようなものがあると良いです。



そして、フィリピンのNational Animal「水牛」もたくさんいるので、
サファリツアー気分も少し味わえます。


ピナツボ13
*飼われているものだと思います




ピナツボ14
*朝日がのぼり、気温がグングン上がってきました




ピナツボ8
*影もくっきり





そして、このツアーのもうひとつのお楽しみ。
原住民族の人たちのお店に立寄ります。



「アイタ族」
http://en.wikipedia.org/wiki/Aeta_people

ここフィリピンの原住民。インドネシアの方からやってきたとされています。
以前フィリピンを統治していたスペイン人に追われ、低地からこの辺りの山に移り住みました。


ピナツボ18


背が低く色黒で、カーリーヘアーが特徴です。
この時はバナナしかありませんでしたが、工芸品なども売ったりするようです。

これが貴重な現金収入になります。


ピネツボ15




ピナツボ16
*とれたてのバナナ



とてもフレンドリーで、普通に写真も撮らせてくれます。
モノの押し売りも全くありません。


ピナツボ17


でも、何も買わないのが申し訳なくて、少し遠慮してしまいました。
それでもピースサインをくれるこの子、すごく可愛かった!!
何かあげたかったな・・・



「撮って〜」と言ってくれる場合は良いのですが、日本の感覚からすると、断りなく知らない子供とか現地の「人」を被写体にするのって、かなり抵抗があります。
でも、人が入っていないと魅力的な写真が撮れなくて・・・

普通にお金を要求するところも、たくさんあるんですよね?
他の旅人さん、どうしているんでしょう??





さて、前半はこの辺で。


次回後半は、最大の見どころ美しいカルデラ湖と詳しいツアーの情報について書きたいと思います。


*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
にほんブログ村 ランキングに参加しています。

よろしければ、応援お願いいたします。
コメントもお気軽にいただけると、すごく嬉しいです!!

ここををクリックするとポイントが入ります↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯電話の方はこちらをクリック → にほんブログ村 世界一周

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*


テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. ②Philippines
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
心配しないでください 2013/03/23(Sat)


日本からは、早くもサクラの便りが聞こえてきましたね(*'v`*)
春の香り、春の色、春ならではのドキドキ感、ワクワク感♡


ああ、、懐かしい・・・



わたしたちは今、夏真っ盛りの国、フィリピンの語学学校にいます。
今週火曜日から授業が始まって、今日は待ちにまった休日!
久々にブログを更新しています。


授業の構成としては、1コマ50分で、ネイティブの先生とのグループ授業(生徒:3〜5人)が2コマ、フィリピン人の先生とのマンツーマン授業が5コマ、計7コマの授業を受けています。


まだ授業開始から「4日」です。
そのうち1日目のマンツーマン授業は、ほとんどがお互いの自己紹介と授業の進め方、世間話などで終わるので、実質きちんと授業を受けたのは3日間だけです。


それなのに・・・・




昨日は進捗テストでした!!(;´д`)


いくらなんでも、、、ねぇ〜。



どうやら月2回の進捗テストがあって、これは入学時期に関係なく日程が決まってしまっているらしいのです。入学時期に合わせて生徒を集めて試験・・・なんていう器用なことは、ここでは求めてはいけないんでしょうね。



初日に実力テストがあって、今のレベルが判定されたばかりなのに、いくら何でも4日で伸ばせというのは酷な話です(;´д`)


出来映えは・・・・・・・聞かないでください...( ̄。 ̄;)


入学時のテストが中途半端に良かっただけに、必ず下がった自信があります!( ̄ー ̄)



そして今は日々の宿題をこなすことと、予習・復習で精一杯なので、なかなかブログを書く時間がとれません。「取れない」というよりは、「取ってる場合ではない」というのが正しいでしょう。


調子に乗ってこの前はブログにかなりの時間をかけてしまい、宿題を終わらせるので精一杯でした。
そして、何を犠牲にするかというと「睡眠」です。
でも睡眠を犠牲にすると、もちろん授業には集中できません。


負のスパイラルです(;´Д`)




たった1ヶ月の滞在、そのうち早くも1週間が終わってしまいました。
どこまで英語力が伸ばせるか、それはこの旅をより濃いものにできるかどうかにもかかっています。


なので、ここでみなさまにお詫びがあります。
ブログの更新頻度は、かなり減ると思います。
書いたとしても、少し内容が薄くなってしまうかもしれません。。


ブログの更新頻度が、ランキングに顕著に現れる厳しい世界。


それでも、わたしたちは元気です!(゚∀゚ )
心配しないでください。
(ずっとお腹を壊していますけどね・・・)


Facebookでは、随時小ネタをUPしています(*゜∀゜*)
よろしくお願いします。



最後におまけ。

<元気が出る動画>


フィリピン人は歌が大好きなようで、お店の店員さんもいきなり歌い出すし、学校の先生やスタッフたちも、休憩時間にはよく歌っています。
ショッピングモールの一角でこんな風にダンス(ダイエット?)イベントが開かれていたり、フィリピンの陽気な国民性を象徴していますね(^艸^)


*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
にほんブログ村 ランキングに参加しています。
 
超ものぐさな私がどこまでできるか、挑戦中です。
まずは20位以内を目標にしていますので、よろしければ応援の
クリックお願いいたします。

ここををクリック↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯電話の方はこちらをクリック → にほんブログ村 世界一周

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. ②Philippines
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。